子供を育てるママサンを応援します

妊娠の段階に応じて葉酸サプリメントを摂取する時に注意する点とは!

こんな話を聞いた事はありますか?
妊娠中期や妊娠後期に葉酸を摂取すると、生まれてきた赤ちゃんが喘息
になるリスクの確率が高くなるらしいってこと。

 

そう聞いたら、もう葉酸の摂取をしてはいけないような、気がしますよ
ね。
しかし、これはちょっと違うんですよ。妊娠中期や妊娠後期には、
やっぱり、しっかりと葉酸の栄養成分を摂取したほうが良いんです。

 

なぜ?「だって赤ちゃんの喘息になるリスクの確率が、高まるんじゃな
いの!?」って?

 

それでは、どうしてか説明してみますね。

 

これから、下記に記した数値を参考にして理由を答えます。
まず、妊婦さんに必要な3大栄養素といわれている、
「葉酸」「鉄分」「カルシウム」を妊娠の段階においてどのくらいが
必要なのか比較してみました。

 

妊娠初期段階・・・葉酸 400マイクログラム
         鉄分 8.5ミリグラム
         カルシウム 650ミリグラム

 

妊娠中期段階・・・葉酸 400マイクログラム
         鉄分 21グラム
         カルシウム 650ミリグラム

 

妊娠後期段階・・・葉酸 400マイクログラム
         鉄分 21グラム
         カルシウム 650ミリグラム

 

このように比較してみると、妊娠中期段階以降急激にその必要量が増加
するのが「鉄分」。
これは、妊娠中期段階以降にお腹の中の赤ちゃんはドンドン成長をする
ので、そのため赤ちゃんに血液を摂られやすくなり、お母さんは
「貧血」になりがちになるのです。そんな貧血の症状を和らげるために
造血作用のある「鉄分」の補給が必要不可欠になるのです。

 

しかしながら、造血作用のあるものは何も「鉄分」だけとは限らず、
「葉酸」や「ビタミンB12」という栄養成分も新しく「赤血球」を
作るために必要な仲間なんですよ。ですので、「葉酸」はずっと必要な
栄養素といえるわけです。

 

では、何が問題なのか?というと、それはその摂取の方法なんです。
皆さんは「葉酸」を摂取する時に多くの方は「サプリメント」を活用す
ることではないでしょうか。
毎日の食生活の中から摂取する分には問題はないのですが、
「サプリメント」から摂取すると、とても吸収率がよく排出がされにく
いために、過剰摂取になりがちなんです。
この点(過剰摂取)が赤ちゃんの喘息を起こす原因とも言われているん
です。
なので、決して早とちりをせずに確かな情報を学び「葉酸」摂取を
これまで同様にし続けることが大事。

 

理解していただけましたでしょうか?何よりも大切なのはしっかりと
した、情報を手に入れることですよ^^