知っておくべき!妊娠に欠かせない葉酸の必要性

<産婦人科でも葉酸サプリを処方してもらえるって本当?>

<産婦人科でも葉酸サプリを処方してもらえるって本当?>
産婦人科でも葉酸サプリを処方してもらうことができます。
確かに、葉酸サプリだけのために通院するのはちょっと手間がかかります。
でも、もし病気や不妊治療で定期的に産婦人科に通院しているなら、
産婦人科でついでにもらってしまえば、手軽ですよね。

 

産婦人科でサプリを処方してもらうと、実はいいことがいっぱいあります。
医師は妊婦さんの身体のことをよく理解しています。
自分にぴったりのサプリを選んでくれるでしょう。
また、もしサプリで体調が悪くなるなんてことがあっても、
主治医がいれば安心ですよね。
定期的に血液検査や尿検査もやるので、
ちょっとした身体の変化も気付いてくれるはずです。
やっぱり医師の指導の元でというのは、安心感や信頼性か高いです。

 

しかし、こんなデメリットもあります。
それは、サプリには健康保険がきかないということ。
普段私たちは薬を処方してもらっても3割とかその一部しか支払っていません。
これが10割、つまり全額自己負担です。
ちょっと家計に重くのしかかります。

 

また、サプリに消極的な医師もいます。
妊娠初期の葉酸がダメだとかいうのではなく、
そもそもサプリを使うこと自体に否定的な考え方をする医師です。
「食事を改善するのが基本なので」といわれてしまうかもしれません。

 

今は患者主義といわれるくらい、医療機関は患者思いですが、
治療をするのは医師です。
医師の判断というのはやはり絶対です。
何度かお願いしても処方してもらえないなら、
その主治医の元ではサプリをもらうのは難しいでしょう。

 

でも、サプリがもらえないくらいで、わざわざ主治医を変えるのは大げさかも。
それなら、市販されているサプリで十分です。
ドラッグストアにもたくさんの葉酸サプリがありますが、
やはり人気がある商品はネット販売や通販のみというのもあります。
口コミや実際に試してみて、自分に良さそうな商品を選んでくださいね。

 

それでも、自分で葉酸サプリを飲んでいることは、
主治医に報告しなくてはいけません。
言いにくいという気持ちはわかりますが、
処方薬とのかねあいもありますので、必ず伝えましょう。
医師に何かいわれても、「自分の精神安定と自己満足です」と言い返せば、
おそらくそれ以上はいわれません。