子供を育てるママサンを応援します

母乳やミルクと離乳食のバランスを上手にとろう

母乳やミルクと離乳食のバランスを上手にとろう
1歳のお誕生日を迎えるころになると、使える食材も増え、
いろいろなものが食べられます。
もちろん、離乳食の進み具合は個人差があるので、
その子なりのペースで徐々にでも進んでいれば大丈夫です。

 

我が子は結局1歳近くまで母乳だけで大きくなりました。
それは、離乳食を始めるタイミングを逃したり、
離乳食を上手に切り替えられなかったりしたのが原因です。
また、私の母乳が大量に出たため、
それでお腹がいっぱいになっていたのも理由のひとつです。
母乳と離乳食のバランスがとれていなかったのです。

 

親としてはなかなか進まない離乳食にいらだちと焦りを感じていました。
栄養士さや助産師さんからは、
母乳をやめたら離乳食を食べるから大丈夫といわれました。
しかし、離乳食をまともに食べないのに母乳をやめるという決断を
私がなかなかできなかったのです。
そのまま飲まず食わずで死ぬのではないかと心配しました。

 

ところが、
母乳をやめたら本当に人が変わったかのように離乳食を食べ出しました。
赤ちゃんは自ら死のうなんてしません。
生きたいという本能だけで生きています。
離乳食が進まないと悩んでいたら、一度母乳やミルクをやめてみたり、
減らしてみたりするのをおすすめします。
泣いてわめいて欲しがるのを、なんとかなだめてごまかすから本当に大変です。
大人がへとへとになりますが、赤ちゃんの方が先に折れます。
小さな赤ちゃんにはそこまで体力はありません。
諦めて、離乳食をぱくぱく食べます。きっと上手くいきますよ。