子供を育てるママサンを応援します

女性の体にはコレ!「婦人科五大食材」

婦人科五大食材、というものをご存知でしょうか?
PMSについて調べているうちにわたしも初めて
知りましたが、実は女性の体に必要な五大食材
というものが存在するんですよね。

 

これ、知っていて損はないと思いますので
ぜひ皆さんに知識として持っていていただきたいと
思います。

 

まず、黒豆。
お正月に食べるあれですね(笑)
これはホルモンバランスを整える働きがあります。
胃腸の働きを活発にさせる効果もありますので

 

豆という食材がそもそも女性の体にとても
有効であるということは昔から言われており
古くから女性たちの間で認識されてきた経緯があります。
その中でも黒豆がスペシャルフードとして
不動の地位を持っているということのようです。

 

次がしそです。
食欲がないときや夏場など、しその香りだけで
食欲が増すという経験がありますよね。
これは胃腸の働きを助け、消化を促す働きが
あるためです。胃腸症状の改善に効果があります。
そして何よりその香りにはイライラを抑えたり、
ウツウツとした気持ちを前向きにさせてくれる
効果があるのだそうです。
なるほど、納得ですね(笑)
ストレスに効果的であるということなんですね。

 

それから次はシナモン。
シナモンって普通はどうやって食べるの?
という疑問を大抵の方は持たれると思いますが
(かくいうわたしもそこは大いに疑問・・・)
これはごく普通に店舗で売られているシナモンパウダーを
スイーツや飲み物、ヨーグルトなどに上手に
取り入れる方法しかないようですね。

 

ではシナモンにはどんな効果があるのでしょうか?
最近ではアンチエイジングフードとして
知られるようになっていますが、血行改善に
効果があるのです。特に女性に多い下半身冷え!!
これには効果絶大。

 

そしてなつめ。
なつめを知らない方も多いと思います。
中国では有名ですが、日本では庭園樹として
植えられている程度でメジャーとは言えない
食材ですね。
ですがこのなつめ、生で食べるとりんごのような
触感でとっても美味しい!!!
ドライフルーツの干しなつめも美味しいですよ。

 

で、そのなつめですが婦人科の分野では
非常に優秀は薬(食品)として位置付けられています。
精神安定効果からPMS症状の緩和、生理そのものの
軽減等、婦人病に満遍なく利用されています。

 

最後は一番なじみが薄いと言っても良い、くこの実!
これは若返り(アンチエイジング)に効果があると
されています。
なつめと一緒に使うと効果アップが期待できるとして
併用が薦められています。
ジャムにしたりお菓子の食材に混ぜたり、
一番簡単なのはごはんと一緒に炊いてしまう!
これは手軽で良いですね。
(なつめと一緒には炊けませんが・・・(笑))

 

以上、婦人科五大食材の知識を皆さんに覚えていた
だけたらと思います♪